健康診断で中性脂肪地を見て「ヤバイ!」と思っているあなた。その中性脂肪、正しい方法をもって行動すれば確実に減らすことが可能です。生活習慣病に悩む前に、今から行動しておきませんか?

【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト

サプリや飲料 実践 食事で中性脂肪値を下げよう

大正DHA・EPA[大正製薬]乗り換え多数!続けやすい中性脂肪サプリ

投稿日:

p795-1

日本は四方を海に囲まれ、昔から魚を食する文化が根付いていました。

しかし食生活の欧米化にともない、魚の消費量は右肩下がり。

農林水産省が行った消費者への意識調査でも「肉類よりも水産物のほうが体に良い」と答えた人が6割を超えていることから、魚を食べることの有効性分かっていながらも、食卓に登場する機会が減っている現状が読み取れます。

そこで、魚嫌いの方はもちろん中性脂肪を気にする方にも、魚由来の栄養成分DHAとEPAを上手に摂取できる大正製薬のサプリメントをご紹介します。

 商品紹介

p795-2

その名は「大正DHA・EPA」。余計なものは一切なしの、とてもストレートなネーミングですね。

ここからも他社に引けを取らない含有量と技術力で、安心・安全な商品を提供しているという製薬会社の自信が伺えます。

どんな方におすすめなの?

魚を食べる習慣がなく肉類が好きな若い方はもちろんですが、食生活が不規則で生活習慣病が気になる中年男性におすすめです。

また、魚はよく食べるけど不足が気になる方、ずっと健康でいたいと願う方全般に利用していただきたいサプリです。

大正DHA・EPAのこだわりとは?

それでは、成分・飲みやすさ・原料など、どこまでもお客様の視点に立った製法で研究を惜しまない、製薬会社のこだわりを検証していきましょう。

こだわり1:サラサラ成分で健やかな毎日をサポート

脂肪には2種類あり

  • バター・ラード・牛脂など:常温で固まる飽和脂肪酸
  • マグロ・イワシ・サバなど青魚やオリーブ油・ゴマ油など:常温で固まりにくい不飽和脂肪酸

この2つに分類されます。

不飽和脂肪酸は血液中の脂質濃度を下げ、中性脂肪やコレステロール値を調節する働きがあります。結果、血液をサラサラにできるのです。

こだわり2:飲みやすさと吸収性

独自の技術で溶けやすいソフトカプセルを実現、日本薬局法で定められている試験により、約3分で崩壊することが証明されています。

飲み込んでからすぐに溶け出すことで、きちんと体内に届けることができるわけですね。

こだわり3:原材料は国産

原材料の品質にこだわりました。安心して飲んでいただけるよう、鹿児島県枕崎港水揚げのカツオの頭部のみを使用しています。

DHEPAは魚の身の部分よりも頭や骨に多く含まれていますので、有効成分をフル活用した無駄のない利用方法です。

こだわり4:包装

DHAEPAは大変酸化しやすく、空気に触れた瞬間から劣化が始まります。そこでアルミの個別包装にすることにより、口に入れる直前まで品質をキープしているのです。

一日分で個装されていますので、飲み忘れ防止にもなりますし、旅行の際も便利です。

消費者目線での細かい心配りがうれしいですね。

成分考察

p795-3

研究しつくされたカプセルの中身とは?

DHAEPAは健康維持に不可欠な必須脂肪酸です。必須脂肪酸は体内で作ることできないため、外から取り入れる必要があります。

魚の摂取状況が深刻

にもかかわらず、魚をよく食べるとされている50代、60代の摂取量をみても、目標値の3分の2程度しか摂れていません。

全年代でみても、1日平均400mg不足していると言われています。

推奨量と現実の乖離

厚生労働省では1日1000mgの摂取を推奨していますが、これを魚で摂ろうとすると、カツオの刺身に換算して9.1切れ、アゾの開き0.7枚ほどです。

この数字だけを見ると摂取可能な気もしますが、これが毎日のこととなるとどうでしょうか。

おそらく3日で飽きてしまいますね。何事も継続させることが大事です。

継続できる大正DHA・EPA

ここで紹介する大正DHA・EPAには、DHA400mg、EPA200gmが贅沢に配合されています。これは他社製品と比較しても、トップクラスの配合量です。

一日5粒で600mgを補うことができるため、いつもの献立に時々は魚料理を摂り入れることを意識していれば、必要量の1000mg達成も難しいことではありませんね。

1日の摂取目安量 5粒(2.18g)当たりの成分
エネルギー 15.6kcal
DHA 400mg
EPA 200mg
たんぱく質 0.58g
脂質 1.43g
炭水化物 0.11g
ナトリウム 0~0.58mg

DHA(ドコサヘキサエン酸)

現代人にありがちなドロドロ血液をサラサラ血液にします。

また脳の発達を促す効果があるため、子供の脳の発達に欠かせないのはもちろん、認知症の予防にも効果があることが検証されています。

さらに炎症を抑えることから、ガンの抑制効果とともに網膜の細胞にも働きかけ視力の回復も期待されます。

EPA(エイコサペンタエン酸)

DHAよりも血液をサラサラ効果が高く、血栓を作りにくくします。EPAは全身の細胞に取り入れられるため、血圧の降下作用や高脂血症予防に効果を発揮します。

どちらもアレルギーを緩和する働きがあるとされ、DHAEPAを一緒に摂ることによって相乗効果が期待できます。

含有成分から中性脂肪に効果があるかを考察

DHA・EPAともに血液中の脂質濃度を下げ、動脈硬化や心筋梗塞のリスクを回避してくれます。

しかし、この2つはまったく同じ働きをするのではなく、DHAは主にコレステロールを下げ、EPAは中性脂肪を下げる効果が高いとされています。

生活習慣病を気にする方はぜひ積極的に摂っていただきたいですね。

口コミ考察

p795-4

大正DHA・EPAを実際に試した方の感想は?

良いクチコミ 悪いクチコミ
高血圧の家系のため飲み続けています。50を過ぎても血液血圧ともに異常はなくサプリのおかげです。 飲みやすいのはいいのですが、値段が高めなので継続するのは難しいかも。
カプセルタイプで飲みやすく家族全員で飲んでいます。製薬会社のため安心感があります。魚臭さは全くなしです。 青魚を食べた時はサプリの量を減らしたいが一日分の袋を開けてしまうと調整ができない。
いろいろ試して5年前から飲んでいますがこのサプリに落ち着きました。健康診断の数値も落ち着いています。  

成分や効果については、ほとんどの方が満足されているようです。

やはり、身体に問題が出ないうちから予防することが一番と言えるようです。年齢を問わず摂取でき、製薬会社ならではの安心も長続きする理由なのではないでしょうか。

お値段については、定期コースやまとめ割などを利用すればもっとお得に購入できます。続けられなかった方もまだまだ検討の余地ありですね。

大正DHA・EPA vs ブリ

p795-5

信頼と実績のある大正DHA・EPAサプリですが、青魚の中でも刺身や照り焼きなどでよく食されるブリと比較してみしょう。

商品名 大正DHAEPA ブリ100g
DHA含有量/1日 400mg 1785mg
EPA含有量/1日 200mg 899mg
価格/1日 129円(定期お届けコース) 258円
カロリー 15.6kcal 258kcal

成分含有量:科学技術庁資源調査会議編「日本食品脂溶性成分表」

価格:総務省統計局「小売物価統計調査年表・東京都区部」より

DHAEPAの含有量はブリのほうがかなり多いですね。

大事な脂肪分が溶け出してしまわないように生で食べたいところですが、家族4人分を購入するとなると、価格的には決してお安いとは言えません。

脂ののったものであればカロリーも当然高くなりますし、同じものを食べ続けるわけにもいきません。そこで、旬の時期にはお魚で、毎日の補給はサプリメントで、というふうにライフスタイルに合わせて取り入れていくのはいかがでしょうか。

コンビニでペットボトル1本購入するよりも低価格で栄養補給ができ、さらに生活習慣病も予防してくれるとなれば一石二鳥です。

通常価格は、一箱5袋×30袋(30日分)税込4320円ですが、定期お届けコースなら、初回は10%オフで3888円、送料無料です。

継続される方には会員特割、まとめ割などの特典もあるので2回目からもお得に購入することができますよ。さらに初回のみ75%オフの1080円でお試し可能。

あくまでブリと比較した結果ですが、大正DHA・EPAコスパの優れた商品と言えます。

まとめ

他社サプリからの乗り換えも多いという大正DHA・EPA。

製薬会社ならではのこだわりと、技術力にプラスαの優しさを感じる商品です。

毎日の運動と食事療法に加え、手軽に補えるサプリメントの力を借りて、中性脂肪を撃退!血液サラサラ生活を目指しましょう。

-サプリや飲料, 実践, 食事で中性脂肪値を下げよう

Copyright© 【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.