健康診断で中性脂肪地を見て「ヤバイ!」と思っているあなた。その中性脂肪、正しい方法をもって行動すれば確実に減らすことが可能です。生活習慣病に悩む前に、今から行動しておきませんか?

【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト

サプリや飲料 実践 食事で中性脂肪値を下げよう

DHA EPA α-リノレン酸[小林製薬]中性脂肪清算の最強結成でコスパ秀

投稿日:

p776-1

長命草。長命な草?中性脂肪に悩んでいなくても、思わず二度見してしまうほど、ドラマティックな植物の名前ですね。

長命草(ボタンボウフウ)は、『小林製薬の栄養補助食品 DHA EPA α-リノレン酸』に配合されている成分です。

この製品には、シソ油という植物由来の成分も配合されています。

青魚のDHAEPAと、長命草とシソ油が出会った時に何が起きるのか。さあ、物語の始まりです。

商品紹介

p776-2

始まりは130年以上も昔。小林製薬は1886年創業の歴史ある製薬会社です。

大学や専門機関との共同開発、原材料の分析など、当然ながら様々な確認を重ねた上で製品が世に出回っています。

栄養補助食品でも手を抜かない

食品に分類される栄養補助食品は、医薬品ではありません。ですから医薬品のような品質管理基準は必要ないのです。

しかし小林製薬は、栄養補助食品も医薬品レベルの管理基準で製造しています。全成分を表示し、着色料・香料・保存料はすべて無添加です。

そんな製薬会社のこだわりでつくられたサプリメントが『小林製薬の栄養補助食品 DHA EPA α-リノレン酸』なのです。

製薬会社が医薬品並みの基準でつくっているサプリメント。それだけで効きそうな感じがします。パッケージにある、長命草という、いかにも健康になりそうな文字も気になります。

成分考察

p776-3

含有成分から、効果効能を探っていきましょう。

1日摂取目安量6粒あたりの栄養成分
エネルギー 18kcal
DHA 344mg
EPA 156mg
α-リノレン酸 109mg
たんぱく質 0.78g
脂質 1.5g
炭水化物 1.4g
ナトリウム 0.058~2.3mg
ビタミンE 3.6mg

 

原材料
DPA含有精製魚油、ゼラチン、EPA含有精製油、ボタンボウフウ粉末、シソ油、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、ビタミンE

DHAとEPAは合わせて500mg配合。

原材料にはマグロやイワシなどの魚を使っています。その他の、特徴的な成分に注目です。

α-リノレン酸

シソ油から抽出される成分で、DHAEPAと同じオメガ3系脂肪酸です。

α-リノレン酸は、体内でDHAとEPAに変わることができ、心臓病の予防や高血圧改善作用があるという報告もあります。

原材料は植物

α-リノレン酸は、植物に多く含まれています。

本製品の原材料であるシソ油の他には、亜麻仁油やくるみなどの含有量が多くなっています。ちなみに呼び名は異なりますがエゴマ油はシソ油と同じものです。

食事に取り入れやすい

食用油なので、料理に利用できます。ただとても酸化しやすいので、冷蔵庫に保存し、早めに使い切ることが大切です。

そしてα-リノレン酸は熱に弱いので、ドレッシングなど加熱しないで食べる必要があります。

値段は普通の食用油の2~3倍とお高め。

ちょっと買うのをためらってしまいますが、サプリに入っている分には、酸化と値段を躊躇する必要も暇もありませんね。

ボタンボウフウ(長命草)

沖縄などの沿岸地域に自生するセリ科の植物です。この製品では、ポリフェノールなどを多く含む沖縄県与那国産を原料にしています。

「1株食べると1日長生きする」といわれ、自生している地域では薬のような使われかたをしていたようです。

天ぷらや刺身のつまなど、食材としても利用されています。抗酸化作用がある、ポリフェノールが豊富な植物です。その他にも、ビタミンやミネラルなどさまざまな栄養素が含まれています。

含有成分から中性脂肪に効果があるかを考察

DHAとEPAにプラスしてα-リノレン酸も配合していますので、1日の摂取目安量で600mg以上のオメガ3系脂肪酸を摂ることができます。

加えて、長命草の抗酸化作用も中性脂肪を減らす働きをしてくれます。『小林製薬の栄養補助食品 DHA EPA α-リノレン酸』の選抜メンバーは頼もしすぎますね。

それぞれに実力がありながら、お互いの働きを助け成果を出す。まるでリオデジャネイロオリンピックでメダルを獲得した、卓球や体操競技の団体戦チームのようです。

【口コミ】考察

p776-4

製薬会社がつくっている製品だからと選ぶ方が多いでしょう。

その期待通りの効果はあるのでしょうか。

良い口コミ 悪い・どちらでもない口コミ
血液検査の結果が正常値になりました。 6粒は、一度に飲むには多いと感じます。
飲み始めてから体調がいい。 自分には合わないのか効果がでなかった。
コレステロール値が改善していました。 まだ飲み始めて1ヶ月なのでいいのかわかりません。
疲れが残りにくくなりました。 3ヶ月飲んだが検査結果は変わらなかった。
飲んでいると頭がすっきりするような気がします。 DHAとEPAの量を勘違いした。成分表示がまぎらわしいと思うのですが。
小林製薬の製品なので安心して飲んでいます。 主人には効果があったようですが、私は毎日の飲まないせいか特に変化はないです。
飲みやすいので続けてみようと思っています。 はっきりいいのか分からない。

実際に数値の変化があった、という口コミもありました。血圧や体調が良くなったなど、中性脂肪とは違ったところでも効果もあったようです。

疲れにくい、頭がすっきりするなどの感覚的な部分は、製薬会社の製品という心理的な要因もあるのかもしれません。

しかし、血液検査の結果が変わらなかったという声もあり、効果には個人差があるようです。

飲みやすいソフトカプセルながら、一度に6粒は多いと感じる方もいるようです。

また、「製造時1日目安量あたりの含有量」を栄養成分の量だと思い、DHAなどがもっと多いと思ったという意見もありました。

全配合成分表示は、使われている原料の量です。「栄養成分表示」が、摂取できる栄養成分の量になります。

小林製薬DHA EPA vs シメサバ

p776-5

オメガ3系脂肪酸は加熱で約20%失われてしまいます。

ですから、魚から摂るのであればなるべく生で食べるほうがいいのですが、青魚は痛みやすく生食するためには新鮮でなければいけません。

その中でも「サバの生き腐れ」といわれるほど、足のはやいサバ。DHAとEPAが豊富でも刺身ではなかなか食べられませんよね。

そこで、加熱せずに食べられるシメサバと『小林製薬の栄養補助食品 DHA EPA α-リノレン酸』を比べてみました。

商品名 小林製薬の栄養補助食品 DHA EPA α-リノレン酸 シメサバ

1人前60g※

DHA含有量/1日 344mg 1560mg
EPA含有量/1日 156mg 960mg
価格/1日 90円 257円
塩分量/1日 ~0.0003g 約1g

※ 一人前の量は独立行政法人国立健康・栄養研究所 平成16年度「市販食品等1回摂取量調査」概要より

※ 価格はトップバリュ:きれているしめさば (70g300円)で算出

100gあたり合わせて4000mg以上という高い含有量です。加熱をしていないのでDHAとEPAをほぼそのまま摂ることができます。

価格はあまり高くはなく刺身より日持ちもするので、食卓に並べやすいですよね。ただシメサバは、好き嫌いの分かれる料理です。

食べられないという方も少なからずいるでしょう。また、製造過程で塩分を使用しますので塩分目線だと食べ過ぎ注意です。

『小林製薬の栄養補助食品 DHA EPA α-リノレン酸』は1日90円です。シメサバの約3分の1の値段で、厚生労働省が推奨する半分の量、オメガ3系脂肪酸を摂ることができます。

サプリメントなら保存に気を使わず、DHAとEPAの大敵である酸化の心配もありません。カロリーは18kcal、塩分はほとんど含まれていないので毎日飲んでも安心です。

DHAとEPAの量だけを比べればシメサバは優秀な食品ですが、中性脂肪を減らすためには“毎日続ける”ということがポイントになってきます。今回の対決は小林製薬の圧倒的勝利とさせていただきます。

まとめ

事実は小説より奇なり。

サバとシソ油とボタンボウフウの、中性脂肪への効果は想像以上です。そしてシメサバのDHAとEPAの含有量も。

シメサバは、塩と酢を使い保存性を高めた、日本食の知恵がつまった料理です。

食べられるのであれば、ぜひ食事に取り入れましょう。ただし、塩分を摂りすぎると中性脂肪を減らすためにも、血圧にもよくありません。くれぐれも食べすぎには気をつけてください。

『小林製薬の栄養補助食品 DHA EPA α-リノレン酸』ならカロリーや塩分も気にせずに、中性脂肪対策ができます。

1日6粒のサプリメントで、中性脂肪に振り回されない、あなたの新たな物語を始めましょう。

-サプリや飲料, 実践, 食事で中性脂肪値を下げよう

Copyright© 【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.