健康診断で中性脂肪地を見て「ヤバイ!」と思っているあなた。その中性脂肪、正しい方法をもって行動すれば確実に減らすことが可能です。生活習慣病に悩む前に、今から行動しておきませんか?

【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト

実践 成分 試してみよう

中性脂肪を下げる!噂の油【オメガ3】実力の真偽を審議しよう

投稿日:

p538-1

なんだかアブラを悪者扱いしていませんか?そんなことはありませんよ。

適度な中性脂肪はエネルギーにかわり元気の源になります。ただし年齢や体質にあった状態をキープできるアブラを選びましょう。

オメガ3、最近よく耳にします。知ると余計なアブラがウロコのように落ちるかも。

体に良い油と話題のオメガ3とはどんな油?油の分類は4つ

p538-2

含まれる脂肪酸によって、2種類(飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸)、前者は動物性、後者は植物性、さらに植物性油脂は4種類(トランス脂肪酸。オメガ9脂肪酸・オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸)に分類されます。

オメガ3の効果は特に注目されています。詳しく紹介していきます。

飽和脂肪酸は動物性脂肪に多い 人間様の中性脂肪をふやす塊

飽和脂肪酸も3種類(短鎖脂肪酸・中鎖脂肪酸・長鎖脂肪酸)に分類されます。

いずれも動物性で、組織構造の違いで分かれています。

長いほどにエネルギーに変化しづらい

油脂は分解されてエネルギーに変わりますが、その構造が単純なほど変化しやすいと理解できます。

つまり前述の分類では右に向かって鎖がほぐれにくくエネルギーに変化しづらいという事になります。

常温で固形のアブラ

さらに融ける温度=融点が高く、固まりやすいという難点もあります。したがって中性脂肪やコレステロールとして溜まりやすい、身体にとっては歓迎したくない脂肪分なのです。

この脂肪酸は、牛肉や豚肉、ラードなどに多く含まれます。代謝が活発な年齢や体質であれば消化することは可能でしょう。

しかし加齢や状態に合わせて摂取量を調整したいものです。でも、トンカツや焼き肉・・・おいしいですよね。

不飽和脂肪酸の3種盛り

含まれる脂肪酸の違いで分類されています。

オイレン酸が多い『オメガ9』、リノール酸は『オメガ6』、EPA・DHA・α-リノレン酸が豊富な『オメガ3』の3種類です。

植物由来が多く、それだけでカラダに優しい印象があります。特徴や効果をしっかり理解、そして実践に移しましょう。

オメガ9

そもそも人間の体内でオメガ9は合成されています。その先天的なはたらきでコレステロールや中性脂肪の基本的なバランスを保っていると言ってもいいでしょう。

しかし食事などを過剰摂取すると、体内のオメガ9だけでは制御できず中性脂肪やコレステロール値が増えていきます。

オメガ9が含まれる食物を摂取することで悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを維持する効果が期待できます。

オメガ9の代表的なものは、「オレイン酸」です。オリーブオイル、キャノラー油(なたね油)、紅花油などに含まれています。調理には、可燃しても酸化しづらいキャノラー油、紅花油がお奨めです。

オリーブオイルは150度以上の熱に弱いので常温のまま使うほうがいいでしょう。

オメガ6

体内で生成できない必須脂肪で0す。代表的なものは『リノール酸』です。

コーン油、綿実油、ゴマ油などに含まれ、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを維持しすることで、血流をよくする働きがあります。

オメガ3

必須脂肪酸ですがオメガ6同様に体内で生成れないため、食物などから摂取する必要があります。他のオメガ系同様に悪玉コレステロール減&善玉コレステロールキープし、血流をよくする働きがあります。

摂取不足が心配な脂肪酸で、代表的なものは2つ『DHAとEPA』『α-リノレン酸』です。前者はマグロ・イワシ・サバなどの青魚に多く含まれ、後者はえごま油、亜麻仁油などに多く含まれています。

どちらも熱の弱い性質を持っていて調理や加工には注意が必要です。

オメガ3 α―リノレン酸が中性脂肪値を下げるメカニズム

p538-3

植物由来のα-リノレン酸は体内に摂取されるとDHA・EPAに変化します。青魚に多く含まれ、中性脂肪を抑制しコレステロールのバランスを調整するDHA・EPAに変わるというメカニズムです。

両者の関係はイコールではありませんが、α-リノレン酸からDHAやEPAに生まれ変わるというイメージです。

食生活が肉食化し、青魚を食べる機会が減る傾向では、ほかの方法でDHA・EPAを摂取して血流をよくする、中性脂肪を抑制する必要があります。α―リノレン酸がメインステージに抜擢されることになりました。

油をオメガ3に変えたくらいで中性脂肪の悩みはなくなるのか検証これだけは譲れない?君の行動に完敗!?

p538-4

冒頭で分類したように、オメガは必須脂肪酸です。必須とは?

必須:必ず用いるべきこと。欠かせないこと。また、そのさま。【出典:goo辞書より】

オメガ3に変えた程度では悩みの解決にはなりません。譲れないと強情を張るのであれば自己責任で対応いただくほかありませんね。

偏っている食事 油を変えるだけで中性脂肪が黙るのか?

偏った食事でも、オメガ9などのはたらきで中性脂肪などのバランスを保とうとするでしょう。

また補う役割としてオメガ6とくにオメガ3を積極的にとることで効果は促進されます。

しかし偏った、傾いた原因を修正しなければ元には戻りづらい。中性脂肪は黙り込むかも知れません。

連日連夜 お酒を飲んで気持ちを晴らしている

経験から言わせていただければ、本当に気持ちは晴れていますか?しかも連日連夜であれば何と比較対照して晴れたと言うのでしょうか。

お酒をのんでいる間は、友人もいれば話も弾み楽しい時間が過ごせます。ただ飲みながら食べたものを思いだしてください。唐揚げに、ポテトフライ、〆に屋台によって餃子とラーメン。

大丈夫、オメガ3サプリ飲んでいるから?うーん、過信はいけません。

どんなに短い距離でも自分の足を使わない!運動不足なオフィスワーク

デスクがすぐ近くなのに社内メールでことを済ませようとするヤツ。椅子のキャスターで課内を移動するヤツ。

昼食も外出することなく買ってきたコンビニランチで済ますヤツ。缶コーヒーが好きなヤツ。

せめて黒烏龍茶にし、コンビニでサラダ追加、味つけにサバ缶を。

ストレスを感じやすい野心家タイプA型行動分類

行動と心理の関係を分析すると、A・B・C型の3パターンに分かれます。この中でA型は野心的で、競争心が旺盛。仕事に熱中するタイプだとされ、ストレスも多いと想像されます。

これまで見てきたようにストレスは中性脂肪値を押し上げます。また行動パターンからも食生活は大丈夫?と心配になります。

こういうタイプこそオメガ類を摂取することで、さらなるエネルギー補給になるのではないでしょうか。

しかし真の野心家はストレスやプレッシャーなど感じない、それすらもエネルギーする心身の持ち主なのでしょう。きっと分類できないタイプです。

加齢に謀反!?あなたが欲しいのは若さですか健康ですか

若々しさと、若さは同義語ではないと思います。その年齢を感じさせない印象、それは健康というバックボーンがあるからではないでしょうか。反対に病気がちで若々しい人はいませんね。

加齢によって代謝が減退することで様々な不具合が生じます。運動量を増やすことが大切ですが、身体の状態に応じた食生活の見直しも大切です。

味覚も変わってくるので偏食傾向になります。オメガ系脂肪も意識的に取り入れないとエネルギー不足に陥ります。

実録!意地でも今の生活レベルを落としたくない男がアブラだけを意識してみた

p538-5

もともと肥満気味で、結婚を機にさらにブックリとされた男性の、アブラ日記をお届けします。

結婚しました

38歳にしては太っているほうだろうと思います。33歳で上級SE(システムエンジニア)になり、それを機に結婚しました。

独身時代は生活全般が乱れていて、納期が近くなるとオフィスで寝泊まりも当たり前、食事は牛丼などファーストフードが中心でした。

結婚して激変したのは食生活ですね。つい食べ過ぎも重なり『幸せ太り』とからかわれています。

深夜帰宅が日常

上級SEと言っても設計だけでなく、実際に作業に参加することもあるので普段から帰宅は11時を過ぎます。それまでの空腹はオフィスに買い置いたポテチで埋めていました。

帰ってから遅い晩メシを一人で温める。家内は、まだ小さい子供と先に休んでいることが多いので。食べたらニュースを眺めて、まもなく寝ます。

次の日、ついさっき夕食を食べたばかりなのもあって、食欲はありません。でも軽く朝食は食べるようにしています。

オメガ3

昼休みにネット閲覧していたら、オメガ3について記述を見つけました。そういえば揚げ物が好きだし、魚よりも肉食が多いです。最後に魚食べたのいつだっけ?レベルです。

このまま進めばメタボまっしぐらですやん。娘の運動会で走る姿を想像してゾッとしました。かっこいいパパと程遠いぞ、オレ。

家内に、そのURLをメッセージで送りました。仕事のサイクルは変えられないので、とにかく口にするものに気を付ける事にしました。

食事は野菜と魚が中心になり、使う油も用途に応じた工夫をしてくれる。かっこ悪いパパでは自分も恥ずかしいと家内も協力的でした。

ポテチも揚げ油が何か気にして買うようになりました。食べないがイイに決まっていますが・・・。そんな甘さからか、体重はなかなか減りません(涙)入園式は来年の春、運動会は何月だろう。

既にメタボが進行されている方は、食事と運動を並行して行うことが必要だということですね。お仕事でお忙しいとは思いますが、通勤や休日を利用して、身体動かし習慣を検討すべきです。

まとめ

必須とそうでないアブラの存在。

アブラを意識しただけでは、全ての健康問題から解放されることはありませんが、毎日の積み重ねで、中性脂肪の上昇しにくい食習慣が出来上がってくるでしょう。

-実践, 成分, 試してみよう

Copyright© 【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.