健康診断で中性脂肪地を見て「ヤバイ!」と思っているあなた。その中性脂肪、正しい方法をもって行動すれば確実に減らすことが可能です。生活習慣病に悩む前に、今から行動しておきませんか?

【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト

基本情報 病気

中性脂肪が血糖調整の邪魔をする!?【糖尿病】を引き起こす可能性も

投稿日:

p527-1

中性脂肪といえば、一般的に肥満や動脈硬化の要因として知られていますが、実はそれだけでは終わりません。

中性脂肪の増加が高血糖につながり、やがて糖尿病を引き起こす可能性があることをご存知でしたか?

中性脂肪・・・。このワードの奥には、恐怖がまだまだ潜んでいたようです。

食事から摂取したブドウ糖が正常に代謝される流れ

p527-2

まずは、食事と血糖値の関係、正常な代謝を見てみましょう。

炭水化物からブドウ糖へ

ご飯やパン・イモ類などの炭水化物を食事で摂ると、唾液に含まれる消化酵素(アミラーゼ)により胃で半消化状態となります。

その後小腸に送られ、膵液などの作用を受けてブドウ糖に分解されるのです。

ブドウ糖が肝臓に運ばれると血糖値上昇

食事で摂取したものは基本的に肝臓を経由します。その規則に、小腸で分解されたブドウ糖も従いまして、毛細血管に吸収され肝臓に運ばれます。

肝臓の管理下に置かれたブドウ糖が血液中に拡散されるので、血糖値が上昇、ということにつながります。

血糖値が上昇すると何が起こる?

健康な人の体内では、血糖値が一定の幅で保たれるようコントロールされています。

急激に血糖値が上がると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンがブドウ糖を分散させる

インスリンは、全身の臓器や細胞にブドウ糖をとり込ませ、肝臓や筋肉でグリコーゲンが合成されるのを促進します。

グリコーゲンとはいわば、身体のエネルギー源ですね。このようにインスリンの作用によって、血糖値は速やかに処理され一定量に保たれています。

内臓にたまった中性脂肪が高血糖をうむ原理 インスリンの働きに着目

p527-3

血中の中性脂肪が腸間膜の周りにたまり内臓脂肪として存在すると、その内臓脂肪からはインスリンの働きを悪くする生理脂肪物質TNF-αが分泌されます。

その結果、インスリンの働きを良くする善玉ホルモンのアディポネクチンが減り、インスリンの効きが悪くなっている状態のことを「インスリン抵抗性」といいます。

インスリン抵抗性になると

インスリンによってブドウ糖がグリコーゲンになり、身体のエネルギー源になるわけですが、インスリンの働きが悪くなると血中のブドウ糖は行き場を失います。

どこからも受け付けてもらえず、吸収される場所もなく、そのまま血液の中にあふれていきます。その状態を【高血糖】といいます。

高血糖が続くと

ブドウ糖が血液中を徘徊する高血糖状態が続くと、やがてブドウ糖は体内に取り込まれることなく尿として排出されることになります。

その結果、身体にさまざまな症状が出てきます。それらを総じて糖尿病と呼びます。

高血糖が怖いのは合併症の重さ 血中中性脂肪値との関係もある

p527-4

高血糖が引き起こす体調不良ですが、いずれもそのままにしておくと大病になる恐れがあります。

高血糖になるのはインスリンの働きが悪くなったためですが、その原因のひとつには中性脂肪の値が関係しているのです。

最初は自覚症状がない

  • のどが渇く
  • 尿の量が増える
  • 体重が減る
  • 疲れやすくなる

など、普段あまり気にとめない症状が高血糖症状の始まりです。

最近忙しかったから、飲み会が多かったからなど、深く考えずにそれらの症状を見逃してしまってはいませんでしょうか?

怖いのは合併症にあり?

症状を放置したまま高血糖状態が続くと、やがて全身にさまざまな合併症が生じてきます。

糖尿病の3大合併症
糖尿病性網膜症 糖尿病性腎症 糖尿病性神経症

こちらが糖尿病の3大合併症とされていますが、これらの症状は進行すると人工透析が必要になるほか、細胞の壊死を引き起こしその部分を切断しなければならないこともあります。

更に病状が進めば死に至るという、たいへん重篤な病気への道に繋がっているのです。

中性脂肪値が高いと血糖コントロールが不能に

食事からのエネルギーのうち使いきれずに余ったものは、肝臓でトリグリセライド(中性脂肪)に変えられます。

血中の中性脂肪が異常値を示している状態を「高トリグリセライド血症」といいます。

内臓脂肪から発せられる物質

余った中性脂肪は血液中を移動し、皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられていきます。

蓄えられた内臓脂肪からはインスリンの働きを悪くする生理脂肪物質が分泌され、血糖のコントロールができなくなります。肥満と糖尿病にはこのようなつながりがあるのです。

まずは診断 糖尿病を見つける方法とは?

まったく自覚症状のないまま暮らすうちに、突然重い症状に倒れるかもしれない、そんな恐ろしい糖尿病をなるべく早く見つけるにはどうしたらよいのでしょうか。

通常は空腹時の血液検査

食後8時間空けて血液検査を行います。前夜の食事以降何も口にせず、朝食を抜いた状態での採血が一般的です。

空腹時の血糖の数値を見ることで、糖の異常な増加をチェックします。

自宅でできる簡単な尿検査

検査に行く時間が取れない方には、予備の検査として自宅で簡単にできる方法があります。

尿検査紙という細長い試験紙に尿を1秒かけ、30秒後の色の変化で判定します。

ネット通販でも購入できますので、最近疲れやすいなどの異変を感じ、病院に行く時間を確保できない場合、まず自宅で簡単な検査をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?中性脂肪の増加が、糖尿病を引き起こす可能性についてお分かりいただけたでしょうか。

食べ過ぎや運動不足を軽く考えてはいけません。摂取したカロリーが適切に消費されなければ、体内に増えすぎた中性脂肪のせいで肥満になり、やがて高トリグリセライド血症を発症。内臓脂肪が増え、インスリンの働きを悪くします。

インスリンの働きが悪くなれば高血糖になり、さまざまな合併症が出てきます。そしてそれらの症状を放置すれば糖尿病となり、命にかかわる病気になってしまうのです。

糖尿病はたいへん静かに進行する病気ですので、自分の体調の変化や体重の増減にも気づいてあげましょう。そして適切な検査を受けることをおすすめします。

-基本情報, 病気

Copyright© 【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.