健康診断で中性脂肪地を見て「ヤバイ!」と思っているあなた。その中性脂肪、正しい方法をもって行動すれば確実に減らすことが可能です。生活習慣病に悩む前に、今から行動しておきませんか?

【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト

基本情報 症状

便秘が中性脂肪の排出をブロック?中性脂肪を減らさないと男も便を秘めてくる負ループ発生

投稿日:

p476-1

あなたたちは間違っている!便秘は女性特有の悩みだという認識。

これまで便秘に無縁であった男性であればなおさら、変調に気付くべきです。その原因が深刻な病気に関わっているかもしれないのです。

実際、便秘が腸閉塞や大腸がんにつながる例が報告されています。偏った食生活や運動不足を自覚するならば、腸内環境の乱れにつながっている可能性が高いでしょう。

そして適正な排便がなければ、腸内環境は悪化の一途をたどり、思わぬ健康被害が広がります。

便秘が起こるメカニズム

p476-2

まず便秘とはどういう状態を指すのでしょう。単に排便されない状態を指すのか、何日続くと便秘と呼ぶのか、他の要素もあるのか。

そんな便秘の定義を整理してから、便秘になるメカニズムを理解します。

便秘の定義

便秘の定義は、学会ごとに若干の違いがあります。

学会名 便秘の定義や提唱
日本内科学会 3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態
日本消化器病学会 排便が数日に1回程度に減少し、排便間隔が不規則で便の水分含有量が低下している状態(硬便)を指しますが、明確な定義があるわけではありません。問題となるのは排便困難や腹部膨満感などの症状を伴う便通異常=「便秘症」です。
国際消化器病学会

(RomeⅢ)

排便回数が週3回未満

硬便が排便時の25%以上(4回に1回以上は硬い便)

用指的排便(指や綿棒などを用いて強制的に排便させる行為)が25%以上

努責(排便時に強くいきむこと)、残便感、閉塞感がみられる頻度が25%以上

以上の症状が6ヶ月前から少なくとも3ヶ月で基準を満たす場合に慢性便秘

 

国際消化器病学会のRomeⅢの診断基準が日本でも使われるようになりました。

一般的には3日以上便が出ない、また週に2回以下の排便だと、便秘と定義されます。

便秘の定義に外れても

しかし、一日おきに便が出ていても、便が硬く残っている自覚症状があれば、便秘だとされます。客観性に乏しい、便秘同様スッキリしない定義ですね。

そうした便秘(含む自覚症状)はどのようにして起こるのでしょう。メカニズムと原因を探ります。

便が作らるまで

食物は身体に摂りこまれると胃で消化され小腸大腸を経由して養分を吸収し、残ったものや余剰なものが便となり排出されます。

そのサイクルはおおむね24時間とされ、通常は1日1回の排便があります。しかし、何らかの原因でこのメカニズムが機能しないと便秘になります。

また便秘は症状によって痙攣性便秘・弛緩性便秘・器質性便秘の3つに大別され、その原因も分かれています。

痙攣性便秘の原因と特徴

主な原因はストレスです。自律神経に変調をきたすと、排便を促す大腸の蠕動(ぜんどう)運動に支障が出ます。

自律神経が乱れると、痙攣(けいれん)したような状態となります。大腸の動きが過剰になり、便秘と下痢を繰り返すこともあります。

弛緩性便秘の原因と特徴

主に食生活の乱れが原因です。腸内環境が悪化します。加齢などによる筋力の低下も原因として挙げられています。

おしっこに行くのが面倒だからと水分を摂らないと、弛緩性の便秘につながることがあります。

腸内の菌バランスを荒らす食生活

腸には善玉菌と悪玉菌、その他の菌が住んでいます。善玉菌の多い状態が望ましい腸内環境です。悪玉菌の多い状態は好ましくありません。

中性脂肪やコレステロールの多い食品は悪玉菌を増加させ、腸内環境を乱します。

排便を促す大腸の蠕動運動に支障がでて便秘につながります。

加齢で消化管が動かなくなる

加齢により代謝が衰えると内臓を動かす筋力が低下します。大腸の蠕動運動をつかさどる機能も弱くなってくるので、便秘が起こりやすくなります。

腹筋が弱くなっても、押し出す力が弱くなるので便秘しやすくなります。

まずは一口 水を飲もう

水分は適度に補給しましょう。腸に届いた食物繊維は体内の水分を得て膨らみ、周りの不純物などを取り込み蠕動運動が刺激され排便されます。

しかし水分が足りないとそのメカニズムが稼働せず便秘になります。

器質性便秘の原因と特徴

病気や薬の副作用による便秘です。便秘だけでなく、血便や嘔吐・めまい・激痛などが症状として発生します。

大腸がんや腸閉塞など深刻な病理が潜んでいることがあるので、一刻もはやい診断を要します。

たかが便秘と侮ってはいけません。快適なお通じは健康のバロメータです。少しでも気になる事があれば、食生活を見直すことが必要です。

中性脂肪と便秘の関連性

p476-3

腸内の悪玉菌は中性脂肪やコレステロールが大好物。中性脂肪が上昇すると腸内の悪玉菌が増え、腸内環境の悪化から便秘につながります。

動物性の脂質が多い、野菜不足など食生活の乱れや運動不足、加齢による代謝低下が主な原因です。

便秘が長引くと中性脂肪が下がらない

さらに深刻なのは便秘が続く場合です。排便は、余分な中性脂肪やコレステロールも体外に排出する役割があります。

それなのにいつまでも排便されないと、その脂肪やコレステロールが取り残された状態のままです。

中性脂肪の玉突き事故

ますます中性脂肪が上昇し、生活習慣病のリスクが高まります。

このように中性脂肪は便秘を起こす原因になるだけでなく、便秘になることで健康被害を高める弊害ももたらします。

あなたが改善したいのは便秘ですか?中性脂肪ですか?

p476-4

前述のとおり中性脂肪と便秘は負のリンクでつながっています。一方を改善しても十分とは言えません。

それぞれを鎮めることが健康被害を減らしてくれます。スッキリとした朝を迎えるために実践しましょう。

便秘を改善したい方

運動や食事など方法・テーマに分けて推奨しています。

体操・運動

ウォーキング・ジョギング・腹筋など、減退する筋力アップを目的とした体操をしましょう。いずれも無理せず、体調や状態に合わせてください。大切なのは続けることです。

有酸素運動なので、ゆっくり呼吸し酸素を体内に取り込みましょう。脂肪燃焼にもつながります。

ストレッチやヨガも、硬くなった筋肉をほぐす効果があります。こちらも無理をしないこと。

ゆっくりと呼吸して深く吐き出して呼吸を整えると、筋力アップにつながります。

マッサージ

外部から刺激を与えることにより、腸の動きを活発にします。テレビや雑誌で特集されるほどなので耳にしたことがあるでしょう。

ただし素人判断で進めると、腸の位置がズレ、ねじれなどの危険性があります。専門家と相談しながらモミほぐしましょう。

食べ物

排便を促す食材や食事が必要です。まっ先に思い浮かぶのが繊維質の多い食材、例えばゴボウやサツマイモでしょうか。

繊維質は2種類あって、水に溶けやすい水溶性繊維質と不溶性繊維質と呼ばれます。

  • 不要性繊維質

便秘に効くのは不溶性繊維質。水分を得て膨らむので蠕動運動が作用して排便につながります。

ただしそれだけ摂れば便秘解消できるかと言えば、そうではありません。腸内環境の整備が重要です。

  • 善玉菌を増やすことを意識

発酵食品などで善玉菌を増やすことが繊維質の効果を得られる前提と言えます。さらに便を押し出すには水分や適度な脂質も欠かせません。

バランスの良い食事の上に、繊維質を意識的に摂取しましょう。

中性脂肪を改善したい方

食材であれば、動物性の脂質を減らすことです。肉より魚がいいでしょう。味付けは薄味を心がけます。塩分を控える工夫です。

インスタント食品や冷凍食品は便利ですが、塩分高めで知らず知らずのうちに過剰に摂り込んでいることも。

もつ鍋やホルモン系の焼き肉は控えましょう。卵かけご飯や筋子ご飯もほどほどに。すべてコレステロールの高い食材です。

植物性食品

野菜中心特に繊維質を多めに摂ると腸内を掃除してくれます。

不溶性繊維質(ゴボウやさつまいも)と水溶性繊維質(わかめや長芋)をバランスよく、多めに食べましょう。

大豆イソフラボンやりんごペクチンはポリフェノール類ですが抗酸化作用を高めてくれます。代謝促進につながり脂肪消化につながります。

その他

他にも、アルコールは控えゆっくり食事することで血糖値上昇が緩和され中性脂肪増加が抑えられます。

食べ物以外でも、脂肪燃焼のために有酸素運動を心掛け、ストレスに注意することで中性脂肪値の上昇が防げます。

大切なのはやはり継続することです。早めに改善を実感したい場合は、DHA・EPAを配合したサプリで補完することもイイですね。

まとめ

便秘を単なる症状、いつか治るだろう、開通するだろうと思い込むのは危険です。先に挙げた学会の基準にひとつでも気になることがあれば、まずは食生活の見直しです。

最近便秘がちだでなんだかスッキリしないと感じたら、普段の生活を振り返ってみましょう。便通は最も分かりやすい身体の変調です。出来るだけ早く行動に移すべきです。

食事の好みが変わったとか、醤油の使いすぎとか、相変わらず早食いだなとか、自分では無意識かも知れませんが家族はきっと心配しています。

確かに、便秘の相談というのも億劫ですよね。特に男性であれば少々気おくれします。ですが、その一歩が災いを未然に防ぐことになるかも知れません。

-基本情報, 症状

Copyright© 【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.