健康診断で中性脂肪地を見て「ヤバイ!」と思っているあなた。その中性脂肪、正しい方法をもって行動すれば確実に減らすことが可能です。生活習慣病に悩む前に、今から行動しておきませんか?

【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト

基本情報 症状

抜け毛は中性脂肪上昇のサイン?習慣改善で毛根に栄養を届けよう

投稿日:

p460-1

中高年を迎えた男性にとって、髪の問題は深刻です。卒業アルバムを見ながら一喜一憂したという経験はありませんか。

髪の量が昔と変わっていないと安心できた方はさらに注意することで、これからもヘアスタイルが楽しめます。反対に変わってしまったとお嘆きの方も決して諦めることはありません。

過度なヘアケアに頼らず乗り切れるかも知れません。適切な対処と食生活の見直し、とくに中性脂肪対策で髪が蘇る可能性があるのです。髪は長い友達、じっくり取り組みましょう。

【男女別】毛が抜けるメカニズム

p460-2

まずは、男女別に抜け毛の原因を比較してみましょう。

共通項がいくつかありますが、女性のほうが多様で原因が複雑のようです。

男性 女性
性別で異なる原因 男性ホルモンの影響 妊娠・出産の影響
ホルモンバランスの変調
加齢の影響
共通の原因 遺伝に拠るもの
毛穴詰まり(外因的な要素)
ストレス・生活習慣

まず基本知識として、男性ホルモンは体毛に、女性ホルモンは髪に影響を与えます。

男性は女性ホルモンが少ないので頭髪が抜けやすい傾向にあるわけです。

男性 抜け毛のメカニズム

男性抜け毛の多くは、AGA(男性型脱毛症)が原因です。

男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が関わっています。

DHTの分泌に原因か

DHTには頭髪の成長を妨げる影響があるので、過剰に分泌すると抜け毛が増えます。実は日本人男性の10人に一人の割合で発症する可能性があるので気になる方も多いのでは。

早い人で20歳代に発症し、30歳~40歳代にかけて症状がはっきりとしてきます。

「男性脱毛症」特有の現象は、頭頂部や前頭部の毛髪が一気に抜け落ちることです。なんともサミシイ現象です。

女性 抜け毛のメカニズム

女性らしさを作る女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量の増減が影響します。

妊娠中から出産後にかけての脱毛を心配される方がいますが、多くは産後時間が経過するとホルモンバランスが元に戻るので薄毛も解消されます。

ボリューム減

また加齢による更年期脱毛も気になります。

これは抜け毛が増えたのではなく、髪が細くなりボリュームが減ったのです。『薄くなった』という印象が誤解を生むようです。

男女に共通する原因

共通の原因もあります。性別で気にすべきことにプラスして、注意しなければなりません。

遺伝の傾向、毛穴詰まりの原因、ストレスについて整理してみました。

遺伝に拠るもの

諸説あるので確率という表記は避けますが、母親の遺伝子が息子にも娘にも大きく影響するようです。

母親側の家系に薄毛が多い場合は、その傾向が継承されるようです。

毛穴詰まりが原因

頭皮を清潔に保つことが必要です。毛穴詰まりは、皮脂にまとわりついた汚れが原因です。

毛穴が詰まると頭髪に栄養が届かず、酸素不足になって抜け落ちます。大切なのは、皮脂を適度に残しながら汚れは落とすこと。

皮脂には頭皮を適度に潤す役割があるので、無くなると頭皮が乾燥して毛根にも影響が出るのです。これまた抜け毛の温床になります。

ストレスや生活習慣

生活習慣については後述するので、ここではストレスについて。過度なストレスを感じると、頭皮の血液循環が悪化すると言われています。進行すると円形脱毛症として現れることがあります。

ソフトバンクの孫正義社長が訓示で『君たちは髪の毛が抜けるほど、考えたことがあるか!』とゲキを飛ばしたというエピソードがあります。自身の容姿を卑下しての言葉ですが、それほどストレスが頭皮に影響するという理解ができます。

決して望ましい例ではありませんが、それほど考えて考え抜いたから今の孫正義があるということでしょう。

考え抜く姿勢は賛成ですが、髪のためには頭皮マッサージでリラックスが必要です。皮脂汚れの防止にもつながります。

中性脂肪と抜け毛って関係あるの?

p460-3

おでこから髪の生え際にそって薄くなる。頭頂部から徐々に薄くなる。大きく二つの傾向があります。どちらも男性に多いAGA(男性型脱毛症)です。

おでこのキワからM字に沿って薄くなるタイプ(代表:笑福亭鶴瓶師匠)、頭頂部から徐々に広がり、最後はおでこ側に開通するタイプ(代表:頭頂部から進行中フットボールアワーの岩尾望氏)どちらもAGA(男性型脱毛症)、男性に多く見られます。

生活習慣の乱れは頭髪の乱れ

男性ホルモンや遺伝が大きく関わることはこれまで説明してきましたが、生活習慣の乱れが症状を加速させます。

特に中性脂肪やコレステロールの増加は、血流を悪くするので要注意です。

血流が悪いと

毛髪を支える毛母細胞は毛細血管から栄養分や酸素を取り込み、毛髪を育てています。

しかし血流が思わしくないと、毛髪に必要な養分や酸素が届きません。栄養不足、酸欠状態になり、髪が抜け落ちてしまいます。

中性脂肪が抜け毛に拍車を

男性ホルモンや遺伝の影響でAGA(男性型脱毛症)傾向にあった頭皮環境に中性脂肪が拍車をかけたようになります。

残念ですが、抜け毛スピードが加速します。ストレスとともに、生活習慣を整える事が、毛髪のためにも必要なのです。

性別で変わる改善方法

p460-4

男性の場合、男性特有のジヒドロテストステロン(DHT)の過剰分泌を抑えることです。

生活習慣の乱れが過剰分泌につながるので、中性脂肪やコレステロールの上昇・増加に配慮した食生活が改善につながります。

食生活で意識すべきこと

動物性の脂質は避ける、野菜・繊維質を多く含む食材を摂るようにする、塩分は低くアルコールや喫煙はほどほどに。

さらに有酸素運動で酸素を全身にめぐるように。そして頭皮は健康に清潔に保つことです。

女性は更年期カラ

女性の場合はあまり中性脂肪を心配する必要はありませんが、更年期を迎えるあたりからは男性同様に食生活に気を使い軽い運動を加えたほうがいいようです。

正しいケアを

しかしそれ以前に、過剰なヘアケアを見直しましょう。髪を洗い過ぎない、カラーリングやパーマ、整髪剤を控えることです。

また過度なダイエットも良くありません。栄養の偏りは頭皮にも悪影響を及ぼします。何事も『ほどほど』に。過剰は避けましょう。

男女問わず、髪の成長を助けるビタミン類(B2・B6)、抗酸化作用のあるビタミンAやCや血流を促すビタミンEを摂るようにするといいでしょう。

まとめ

日本女性の豊かな黒髪を『みどりの黒髪』と表現する場合があります。少々不思議な言い方ですよね。

調べてみるとみどりには、緑色という色を表す他に「若々しい」「瑞々(みずみず)しい」と言う意味があるそうです。つまり『みどりの黒髪』とは若々しく、瑞々しい髪という意味になります。

健康な毛髪を維持するには中性脂肪を意識するなど、食生活を見直すことも必要だと書きました。その中でも新鮮な野菜は欠かせません。

繊維質やビタミン、ミネラルの摂取につながり、健康な毛髪につながります。それは野菜の色素(葉緑素など)も取り込むことにつながっているのかも知れません。そうして、みどりの黒髪につながるのでしょう。

-基本情報, 症状

Copyright© 【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.