健康診断で中性脂肪地を見て「ヤバイ!」と思っているあなた。その中性脂肪、正しい方法をもって行動すれば確実に減らすことが可能です。生活習慣病に悩む前に、今から行動しておきませんか?

【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト

サプリや飲料 実践 食事で中性脂肪値を下げよう

EPA×DHA・ナットウキナーゼ[アサヒディアナチュラ]マイナス評価ほぼ無し!

投稿日:2016年12月23日 更新日:

p334-1

井川遥の『♪アサヒのサプリ ディアナチュラ』というCMでお馴染み、ディアナチュラシリーズから中性脂肪対策サプリです。

この商品の特徴は、何と言っても中性脂肪に効果があるEPA含有量の多さです。そしてタンパク質分解酵素のナットウキナーゼを配合していること。その総合力で中性脂肪を減らすだけでなく、つきにくい身体を作ってくれます。まずは20日分でスタート!1袋850円(税抜)と求めやすい価格帯も魅力です。

商品紹介

p334-2

ディアナチュラシリーズにはこの商品を含めDHAEPA関連の商品が4種類あります。

DHA EPA
考える力が気になる方に DHA with イチョウ葉 500mg 65mg
魚をあまり食べない方、考える力が気になる方にDHA 350mg 45mg
機能性表示食品 中性脂肪を減らす EPA&DHA 260mg 600mg
オメガ3系脂肪酸EPA・DHAにナットウキナーゼも一緒に摂れる
EPA×DHA・ナットウキナーゼ
154mg 360mg

比べてみると、前2商品はDHA含有量が多く、後2商品はEPAの含有量が多いことがわかります。その違いは商品の目的にあって、

  • 前者は『考える力の改善』
  • 後者は『中性脂肪を抑える』

ことです。

EPAの有用性

EPAが持つ中性脂肪への有効性は、寒冷地に住むイヌイットの食生活から発見されました。彼らの中性脂肪値が極めて低いのは、日常的に食べているアザラシの肉にあるというものです。アザラシの餌はイワシなどの魚類ですから、アザラシ肉のEPA量が多いのは当然なのです。

DHAとのタッグ

青魚エキスを含む商品は他メーカーからも多数発売されています。しかし配合量を見るとEPAよりもDHAの方が多いというのが一般的で、おおむね1対3の割合です。ですからこのようにEPAの配合量が多いという商品は珍しいのです。

前述のイヌイットの研究やその後の研究からEPAの確かな有効性が立証されています。この商品はEPAを360mg配合しています。ピンポイントで中性脂肪対策に絞った商品づくりですよね。さらにDHAがEPAのはたらきを強力にサポート。中性脂肪にとっては、脅威となるタッグチームです。

ナットウキナーゼでサラサラ血液

またナットウキナーゼを配合しているのも特徴的です。血液をサラサラにし、血栓(血のかたまり)の発生を抑える効力があります。ナットウの持つ発酵パワーは整腸機能を正して便秘にも効果的です。余計な中性脂肪やコレステロールの排出を助けます。

相乗効果に期待

中性脂肪対策としてEPAが中心になり、それをDHAがサポート、さらにナットウキナーゼが協力する。それらは、きっと相乗効果となって現れます。食生活にも気を配り、運動も続けている。しかし加齢による代謝減速による中性脂肪の増加が心配。

そんなシルバー世代にとって、強力なアシストをしてくれるのが、このサプリなのです。

成分考察

p334-3

アサヒグループはビールや飲料事業だけではありません。ヘルスケア事業には古い歴史があり、魅力的な開発を進めています。この商品のEPADHA配合量については前述のとおりですが、他成分も気になるものがあります。

4粒当たり(1日の摂取量)の成分表
エネルギー 17.12kcal
たんぱく質 0.55g
脂質 1.62g
炭水化物 0.084g
ナトリウム 0―0.0076g
機能性関与成分 DHA 154mg
EPA 360mg
ビタミンE 8.0mg
ナットウキナーゼ含有納豆菌培養エキス末 5.5mg

香料・着色料・保存料は一切使っていません。日本人は魚を食べることでDHAやEPAを多く摂取してきましたが、生活様式が洋風化するにつれて減少してきました。そのような状況を改善するためにもDHA・EPAをサプリで摂ることが注目されています。

ビタミンEには、抗酸化作用があります。脂質(コレステロール)の酸化を抑え、老廃物を排除する働きがあります。ナットウ由来のナットウキナーゼが血液のドロドロを解消するので、血圧調整にも一役買っています。

含有成分から中性脂肪に効果があるかを考察

やはり中性脂肪減少の効果が立証されているEPAの配合量が多いというのが、この商品の特徴ですね。飲み続けることで効果を実感できると思います。もちろんDHAも配合されていますのでダブル効果が期待できます。

ビタミンEの抗酸化作用が、中性脂肪の燃焼・消化を手助けします。心強い助っ人、といった役割です。

ナットウキナーゼの役割は、中性脂肪を排出するだけではありません。血管を強くする効果もあるので血液がスムースに流れ、身体の隅々まで養分や酸素が届けられます。中性脂肪がエネルギーとなって各組織を助けてくれます。

この商品が構成する包囲網にかかっては、しつこい中性脂肪もタジタジです。EPAやDHAの攻撃だけでなく、ビタミンEやナットウキナーゼのディフェンスも盤石です。相乗効果というよりも波状攻撃という表現が正しいかも知れません。

1日4粒の用法にそって続ければ、2週間程度で効果を実感できるようです。

【口コミ】考察

p334-4

このサプリの口コミ、マイナスポイントが少ないですね。多くのユーザーが高い評価をしています。

いい口コミ 普通・悪い口コミ
一時期ほぼ毎日1回は感じていた胸の圧迫感は2週間くらい飲み続けると徐々に出なくなってきて、飲み始めて1ヶ月経ちますが全く出なくなりました。 数ヶ月試しましたが、飲む前の血液検査と数ヶ月後の検査で悪玉の改善は全然有りませんでした。増して悪くなりました。期待してがっかりです。
中性脂肪が200も落ちました。これを飲みだして5ヶ月くらいしてからになりますが、通常値になり安心しました。 なにかがよくなっている感じはないです。

2ヶ月飲んでの感想です。

偏頭痛が治りました。だいたい一年くらい飲み続けていて、いまのところ再発はありません。 飲み始めて1ヶ月なので効果は不明です。
健康診断で中性脂肪の数値が激減し、コレステロールの量も減りました。 中性脂肪は落ちたが、体重が少し増えました。
3か月程で軽度高血圧から正常値に回復しました。

しかも即効性があるという意見や感想が多いのです。狭心症と思われる症状が2週間程度で軽減し、1ヶ月以上経過した時点で心配しなくてもよくなったという投稿さえあります。

個人差があるので即断はできませんが、多くの人がこのサプリの実効性を評価しています。これほどの高評価なので、マイナス評価を探すのに苦労したほどです。酷評と思われる意見が少ないのです。

価格も1日分で40円程度。1ヶ月続けても1200円ですから、コストパフォーマンスは良好だといえるでしょう。

EPA×DHA・ナットウキナーゼ vs オイルサーディン缶詰

p334-5

サプリと缶詰、比較してみました。缶詰は材料が大量に確保できたときに作られるので、価格を抑えることができます。さらに成分を閉じ込めることになるので、原材料のポテンシャルがそのまま。なかなかいい勝負ですよ。

商品名 ディアナチュラスタイル EPA×DHA ナットウキナーゼ 4粒 オイルサーディン缶詰(105g)
DHA含有量/1日 154mg 850mg
EPA含有量/1日 360mg 892mg
価格/1日 41.4円 200円
エネルギー 17.12Kcal 377Kcal

※価格について
ディアナチュラ:60日分2,414円(税込)
オイルサーディン:平均価格

オイルサーディンはイワシのオイル漬けですが、その成分量は侮れませんね。厚生労働省では一日に摂りたいDHAとEPAの量を合計で1g程度と推奨しています。この一缶で一日分の必要量をほぼ摂取することができます。しかも価格も手ごろです。カロリーも、気になるほどではありません。

しかしオイルサーディンをそのまま食べる方は少ないと思います。何らかの調理を加えることでしょう。そうすると一人分は半減することに・・・。それでも推奨量の半分程度はとることができるので手軽な食材であることに変わりはありません。相当な実力の持ち主だと言えます。

ただし、その比較はDHAEPAに限定した摂取量についてだけです。中性脂肪を減少させるという目的になると、それらの配合量だけでは判断できない場合があります。とくにこの商品名にもなっているナットウキナーゼの存在が気になります。

発酵食品由来のパワーが腸内環境の整備と便秘解消に効果を発揮し、余計な中性脂肪やコレステロールの排出を促してくれます。

このように比べてみると

  • DHAEPAの含有量でみるとオイルサーディン
  • 中性脂肪対策で検討すると総合力でサプリ

それぞれに軍配が上がります。

まとめ

  • 配合量の多さ
  • バランスの良さ
  • 価格

比べてみると、とても手頃な値段で豊富な量のDHAEPAを摂ることができます。それだけに口コミも高評価が多いのです。この2点からみても、相当実力の高い商品であることがわかります。

アサヒフードアンドヘルスが目指す中性脂肪対策の本気度が表れている商品だと思えるのです。井川遥が笑顔でこの商品を薦めるならば『はい、わかりました!ゴクリ』と即決する中高年も多いでしょうね。

-サプリや飲料, 実践, 食事で中性脂肪値を下げよう

Copyright© 【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.