健康診断で中性脂肪地を見て「ヤバイ!」と思っているあなた。その中性脂肪、正しい方法をもって行動すれば確実に減らすことが可能です。生活習慣病に悩む前に、今から行動しておきませんか?

【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト

サプリや飲料 実践 食事で中性脂肪値を下げよう

DHA&EPA+ビタミンD[味の素]肉・魚の逆転現象に一石投じる透明サプリ

投稿日:2016年12月23日 更新日:

p306-1

みなさん、今週は魚を何回食べましたか?

健康診断で、中性脂肪やコレステロールの数値や、血圧の高さを指摘された方は、魚に含まれる成分が不足しているかも知れません。魚に含まれるオメガ3脂肪酸という成分が不足すると、血管や脂質代謝の機能が衰えてしまうことから、こんな質問をしてしまいました。

味の素では、そうした普段の食事で不足するオメガ3脂肪酸を手軽に補える、DHA&EPA+ビタミンDというサプリメントを発売しています。気になるその中身、徹底解剖してみましょう。

商品紹介

p306-2

DHA&EPA+ビタミンDの特徴を紹介しながら、どのような人におススメなのかを考察してみます。身に覚えがあるというあなたには、この上なく相性抜群のサプリとなることでしょう。

血液がドロドロ&中性脂肪の高い方に

青魚の魚油から抽出したDHAとEPAに加えて、亜麻仁の油から摂れたα-リノレン酸を合計500mg配合しています。この3つの成分はオメガ3脂肪酸といわれ、血液をサラサラにして、血中の中性脂肪値を減少させる効果のある成分です。

健康診断などで血液がドロドロと言われたり、中性脂肪値が高いと言われたりした人には最適な効能ですね。ドロドロ血液で血行が悪くなると、脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなりますので、早期に改善する必要があります。

魚を食べる量や機会が少ない方に

オメガ3脂肪酸は人間の体内では作られにくいため、食事やサプリメントなどから摂り入れる必要があります。しかし、近年は欧米の食文化が入って来て、日本人の魚の摂取量は年々減少しています。

ついに逆転!

厚生労働省発表によると、日本人が1日に摂取する量が、2006年には魚80.2g、肉は80.4gとついに逆転してしまったのです。年齢別で比較しても、特に40歳代以下の層で魚を食べる機会が減っていることが明らかになっています。

さらに厚生労働省では、1日に摂取すべきオメガ3脂肪酸の量を、成人男性で約2,000mg、成人女性で約1,600mgとしています。これは成人男性を例にとると、

(1切れ20gの刺身で換算)

  • まぐろ(トロ)3切れ
  • まぐろ(赤身)70切れ
  • かつお 17切れ
  • はまち 3切れ
  • まだい 22切れ

となります。まぐろの赤身やまだいなど、魚の種類によっては凄まじい量・・・。これでは、いくら魚好きでも受け入れられません。

そんな時、不足したオメガ3脂肪酸を簡単に補充できるのが味の素のDHAEPAサプリなのです。

頭がスッキリしない&仕事に集中できない方にも

DHAは脳に多く存在していて、脳細胞の機能を改善してくれる働きもあります。記憶や集中など脳を使った働きが高められるため、キラリとしたひらめきや、鋭い勘が手に入れられそうです。

近年は、認知症に対する効果の研究も進められていて、その結果に期待したいですよね。

  • 一日中頭がボーっとしている
  • 勉強や仕事に集中できない

と感じている方は、DHAを補ってみてはいかがでしょうか。

カルシウム不足の方に

青魚にはビタミンDも多く含まれています。カルシウムの吸収を促進し、骨を丈夫にしたり、筋力を高めてくれたりする効果のあるビタミンです。ビタミンDが不足すると、骨粗しょう症や骨軟化症などのリスクが高まりますので、魚の摂取量が少ない人は要注意ですね。

魚のニオイが気になる人に

魚離れの原因には

  • 骨があるから食べるのが面倒
  • 調理が面倒

などの理由がありますが、その他に「魚の臭いが嫌い」という理由も含まれています。

DHA&EPA+ビタミンDでは、一般に使われている動物性ゼラチンカプセルではなく、デンプンを使った臭いが少ない植物性カプセルを採用しています。魚の臭いがダメな方でも、嫌にならずに続けられそうですよね。

いかがだったでしょうか。あなたに当てはまることはありましたか?ひとつでも当てはまるのなら、このサプリメントを使ってみる価値はあります。血圧や中性脂肪値が少し高めだと気になっている方も、改善と予防のきっかけになるはずです。

成分考察

p306-3

DHA&EPA+ビタミンDの精製で使われた原材料と、含まれている主要な成分は以下の通りです。聞き慣れない成分や原材料はありませんか?

知らないものが使われていると、ちょっと心配になりますよね。でも、それを理解していくと、このサプリメントの思わぬ秘密が分かってくるかも知れません。

成分表(1日4粒)
DHA 300mg
EPA 100mg
α-リノレン酸 100mg
ビタミンD 100IU

 

原材料
DHAEPA含有精製魚油、亜麻仁油(α-リノレン酸)、ビタミンD、ビタミンE(酸化防止剤)、でんぷん、グリセリン、ゲル化剤(カラギナン)

DHA

体内に入ると、血管を通って脳細胞まで届けられます。また、血液中では常に一定量に保たれているため、大量に摂取しても血液中での量はそれほど増えません。脳細胞を刺激して活発化させ、記憶力や集中力を助長する効果があります。

脂質代謝を促して中性脂肪を減少させます。

EPA

血中に留まるため、摂取すると血液中の濃度が増加します。

血栓の形成を防止するなど血管の機能を改善する働きがあり、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させ、高血圧症や動脈硬化の予防につながります。

α-リノレン酸(亜麻仁油)

心臓や血管などの循環器疾患を防止する効果があります。体内に摂取されるとその約10~15%がDHAEPAに変わります。

ビタミンD

骨の形成や成長を促進します。欠乏すると骨軟化症などを引き起こしますが、過剰摂取すると腎障害の危険性があるので注意が必要です。がんや循環器疾患のリスクの低減などの効果がある、という研究結果も報告されていますが、厚生労働省では科学的根拠がないとしています。

その他の成分は、以下の通りです。

  • ビタミンE:成分の酸化防止剤
  • でんぷん:カプセルの原料で魚の臭いを抑制する
  • グリセリン:保湿剤・潤滑剤
  • カラギナン:成分をゲル状にする増粘安定剤

亜麻仁油やでんぷんといった植物性の食品を、原材料として使用しているのも特徴ですね。その特徴によって、魚の臭いを抑える効果も出しているところは食品会社ならではです。

含有成分から中性脂肪に効果があるかを考察

DHAEPAの他にα-リノレン酸を含有していることが、他のサプリメントと異なります。しかも、このα-リノレン酸は亜麻という植物の種子である、亜麻仁から抽出されています。ここで植物油を使っているあたりは、さすが味の素という気がしませんか?

味の素では「健康アマニブレンド油」など亜麻仁油を料理用油として製品化していますので、そのノウハウが生かされているのですね。厚生労働省では、海の環境汚染問題や魚資源の世界的不足に備えるためにも、α-リノレン酸の重要性を指摘しています。

α-リノレン酸には、冠動脈疾患の予防作用があります。心臓を取り巻く動脈である冠動脈に血液が供給されなくなる状態で、心臓が止まるかどうかを握る、つまり命に関わる病気なのです。

中性脂肪やコレステロールなどの脂質が、冠動脈の内壁に沈着することに原因があります。α-リノレン酸には、その脂質を除去したり、沈着を防止したりする働きがあるのです。

含有成分や効果を考え併せてみると、DHA&EPA+ビタミンDは中性脂肪の減少に与える影響は非常に大きいと言えます。特に、α-リノレン酸が与える働きには今後も注目していきたく思います。実際に試したことのある人の口コミも見つつ、試すか否か決めようじゃありませんか。

【口コミ】考察

p306-4

中性脂肪値を具体的に出している回答もありますので、参考になりますよ。

良い口コミ 悪い口コミ
中性脂肪が222から165まで下がりました。ずっと続けていこうと思います。 半年続けましたが、効果は表れていません。

ビタミンDが入っている意味も分からない。

半年くらい愛用しています。以前に増してやる気が出て、前向きな気持ちで仕事に取り組んでいます。味の素という信頼できるメーカーということで、購入しました。 一ヶ月ではどう変化したのかはまだよくわからず、なんとなく調子が良くなったかな?といった程度の実感です。妻からは「顔色が良くなった」とは言われますが。
魚を食べる機会が減っているため、気になっている時にこれを知り、飲み始めました。1日の量も粒も飲みやすく、なかなか続かない私も続いています。 尿酸値を抑える薬を服用していますが、中性脂肪と尿酸値が高くなってしまいました。
中性脂肪294から171まで下がり、効果を感じています。

DHAEPAの効果は他にもたくさんありますが、数字で出たので一番分かりやすい結果です。

透明のカプセル状。まったく匂いを感じないのは、植物由来のカプセルだからだろうか。非常に飲みやすい。ただ、効果の方は、まだ始めたばかりということもあって、劇的な変化は感じられない。
悪玉コレステロールが高めだったので飲み始めましたが、下がったのは中性脂肪でした。続けていけば、コレステロールも減少しそうです。 効かないです。サプリメントに頼らず自分で食生活運動を取り入れようかと思います。

良いと回答した方の多くが、中性脂肪が減少したと回答しています。

気持ちに変化

元々の数値が高過ぎるためか、まだ正常値までは下がっていないようです。ただ、効果は確かに現れていますね。やる気が出た、という回答は脳活発化DHAの効能のあらわれでしょうか。こうして結果が出てくると、みなさん前向きな気持になっているようです。

目に見えないと分かりにくい

一方、悪いと回答した人の意見にありましたが、配合されているビタミンDの効果があまり感じられていないようです。骨を丈夫にするという、目に見えない効果だからかも知れませんね。

併用は要確認

尿酸値を抑える薬との併用で、中性脂肪値が上がったという報告もあります。しかし薬を服用している場合は、サプリメントの配合成分に悪影響を与えるものがないか、主治医に確認しなければなりません。注意が必要ですね。

味の素DHA&EPA+ビタミンD vs うなぎのかば焼き

p306-5

ではこのサプリ、実際の食品と比較してどれほどのパフォーマンスを持っているのか、検証してみました。比較するのは「うなぎのかば焼き」です。

商品名 DHA&EPA+ビタミンD(4粒) ウナギのかば焼き(1枚100g)
DHA含有量/1日 300mg 1,332mg
EPA含有量/1日 100mg 742mg
ビタミンD含有量/1日 1000iu 760iu
価格/1日 61.53円 1,663円
DHA含有量/1円 4.88mg 0.80mg
EPA含有量/1円 1.63mg 0.45mg

※価格

DHA&EPA+ビタミンD:定期お届けコース1か月分1,846円を30日で割ったもの
ウナギのかば焼きの価格:Amazonの最低価格を参照

うなぎのタップリDHAEPA ただし価格は?

うなぎのかば焼きの、意外にも多い含有量に驚かれた方もいるのではないでしょうか。夏バテに良いと言われるウナギですが、オメガ3脂肪酸もたっぷり含んでいるんですね。しかし、1円当りの含有量で見ると、DHA&EPA+ビタミンDが多いですね。

近年ウナギは高騰していますので、ますます差が開きそうです。

ニオイ比較

うなぎの焼いている時に流れてくるニオイ、食欲をそそられますよね。ほぼ無臭のサプリメントですが、幸福度という観点からはうなぎの勝ちでしょう。味の幸福度もサプリとは比べ物にならないほどですが、甘い味付けのタレが中性脂肪を増やしてしまいそうです。

美味しいものには多少のリスクが伴いますね。総合してみると、中性脂肪に特化し、うなぎにはないα-リノレン酸も配合している、味の素に軍配が上がります。

まとめ

DHA&EPA+ビタミンDを、原材料から含有成分まで徹底的に調べてみました。みなさんは、どのような感想をお持ちでしょうか。

成分の分析や口コミの内容からも、中性脂肪の減少にはとても効果があると分かりましたね。循環器疾患を予防してくれるα-リノレン酸も見逃せません。一部はDHAEPAに変換されるスーパー成分です。他のDHAEPAサプリではできないことも可能に、そんなサプリと出会えました。

効果は期待できますが、だからと言ってサプリメントだけに頼らないよう普段の食生活も見直していく必要はあります。見直し後の補助に、ぜひDHA&EPA+ビタミンDをご活用ください。

-サプリや飲料, 実践, 食事で中性脂肪値を下げよう

Copyright© 【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.