健康診断で中性脂肪地を見て「ヤバイ!」と思っているあなた。その中性脂肪、正しい方法をもって行動すれば確実に減らすことが可能です。生活習慣病に悩む前に、今から行動しておきませんか?

【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト

基本情報 症状

中性脂肪が【ワキガ】の原因になり得る?チェック法と改善法

投稿日:2016年12月20日 更新日:

p250-1

どこからともなくツーンと漂うイヤな臭い。もしかして、脇の臭い?自分でだろうが他人だろうが、想像するだけで「ウッ」と顔をしかめたくなりますよね。

実は男性化粧品メーカーのマンダムの調査によると日本人男性の約4人に1人がワキガなんだそうです。「えっそんなに多いの?」と驚きの数字ですよね。

そんな時、「ワキガは体質だからどうしようもない」と思って諦めていませんか?

でも実は中性脂肪が臭いの原因になっていることもあるんです。

ワキガ臭の加害者にならないためにもワキガがどうして起こるのか、そしてその対策法について詳しく見ていきましょう。

ワキガのメカニズム

p250-2

そもそもワキガとはどのようなメカニズムで発生しているのでしょうか。ワキガには汗と汗を分泌する汗腺、そして皮脂腺が関わっています。

エクリン汗腺とアポクリン汗腺

私たち人間には2種類の汗腺があります。エクリン汗腺とアポクリン汗腺です。

サラッとしたエクリン汗腺

エクリン汗腺は全身の皮膚に分布していて、皮膚の表面に近いところにあります。エクリン汗腺から出る汗は99%が水分でできているので、サラッとした汗です。

エクリン汗腺から汗が出るタイミング

私たちが暑い所に行ったり、運動したりすると汗をかきますよね。これは体温が上がり過ぎているため、エクリン汗腺から汗を分泌し、その汗の蒸発によって体温を下げて体温調節をしているのです。

太いアポクリン汗腺

一方のアポクリン汗腺は脇や陰部など、身体の中でもごく限られた部分にあります。腺の太さもエクリン汗腺の約10倍の太さで、汗の成分もエクリン汗腺のものとは異なります。

アポクリン汗腺から分泌される汗の成分は、中性脂肪、コレステロールなどの脂質がメインです。そのため、エクリン汗腺から分泌される汗よりも白っぽく濁っていて粘り気のある汗が特徴です。

分泌された直後には臭いませんが、皮膚の表面や毛穴にいる細菌によって分解されるとあの独特なワキガ臭を発生させます。

アポクリン汗腺から汗が出るタイミング

アポクリン汗腺から出る汗は精神的なストレスがかかっている時に分泌されます。ジトーツとかく嫌な汗、覚えがありませんか?それが、粘り気のあるアポクリン汗腺発の汗なんです。

また、性的に興奮している時にも分泌されるといいます。私たち清潔第一現代人にとってはキツイ臭いですが、動物的には臭い=フェロモンですから当然といえるかもしれません。

皮脂腺

そして、もう1つ重要なファクターである皮脂腺はその名の通り皮脂を分泌しています。皮脂というと、肌がギトギト・テカテカになる厄介なもの、というイメージがありませんか?

皮脂腺のデメリット

でも皮脂を分泌することで皮脂のバリアー(皮脂膜)を作り、そのバリアーのおかげで私たちの肌は潤いを保っているのです。他にも細菌やウイルスなど、たくさんの外的な刺激から身を守っています。

しかし、毛根から分泌される皮脂はワキガ臭の原因の1つとなっているのです。

中性脂肪とワキガの関連性

p250-3

汗といっても成分がほぼ水分のエクリン汗腺から分泌される汗とは違い、アポクリン汗腺から出る汗の成分は中性脂肪、コレステロール、鉄分、色素・・・。そう、中性脂肪が含まれています。

そして皮脂腺から分泌される皮脂も元をたどると中性脂肪なのです。

中性脂肪がワキガ臭のもと?

ということは中性脂肪を過剰に摂取すると、アポクリン汗腺からは中性脂肪が溢れるコッテリした汗が、皮脂腺からはテカテカした皮脂膜がたっぷり分泌されてしまいます。

そして分泌された脂肪分は皮膚にいる細菌にとっては格好のエサになります。エサがたくさんあるとそれを元にしてそれだけ細菌が増殖しますし、脂肪分の分解も進みます。そうしてワキガ独特の臭いが発生する、ということなんです。

本当は臭わなくていいのに臭っている?

つまり、中性脂肪値が高い人ほどワキガ臭を発生させている可能性が高いんです。ひょっとすると、ワキガに悩んでいる人の中には本当は臭わないはずなのに、中性脂肪値が高いせいで臭っているという人もいるのかもしれません。

それって本当にワキガ?チェックする方法

p250-4

「何だか心当たりがある、ワキガかもしれない」そう思っているあなた。あなたがワキガかどうか簡単にチェックする方法があります。

①汗っかきである

ワキガの約半分は多汗症であると言われています。ワキガはアポクリン汗腺から分泌される汗が細菌によって分解されて臭いますので、汗をたくさんかく方は要注意です。

②汗をかいて暫く経ったら脇をガーゼで拭いて臭いを確かめる

何だか臭うけれども果たしてそれが体臭なのかワキガなのか、判断に困りますよね。ワキガは脇にかいた汗の成分を細菌が分解することで臭いが発生します。汗をかいて落ち着いたあと、分解が進んでいるのかどうか確かめるの方法です。

直接ガーゼをこすりつけるので、そのガーゼから発せられる臭いは間違いなく脇の臭い。鼻を近づけるだけで臭うのか、持っているだけでも臭うのかなど、臭いのレベルもわかりますね。

③服の脇部分が黄色く変色するかどうかチェック

アポクリン汗腺から出る汗には鉄分や色素が混じっています。その汗が布に染みると、時間の経過とともに酸化して変色してしまうんです。

よって、肌着やYシャツ・Tシャツの脇の部分が黄色く変色する場合は、ワキガである可能性があります。

④耳垢がしっとりしている

ワキガの方は脇だけでなく、他の部位のアポクリン汗腺も発達している可能性があります。他の部位と言うのが、耳の中(外耳道)。

汗を分泌するもう1つのエクリン汗腺は耳の中にはありません。ですから、耳の中にかく汗はアポクリン汗腺ということが確定になります。それで耳垢が湿り気を帯びてしっとり状態になる、というわけなんです。

ただ、耳垢の湿っている頻度や湿り気具合にも、程度がありますよね。入浴後や運動後だけ湿っていたり、湿度の高い夏は湿ってしまったり。そのような特別条件下ではなく、あくまで普段の状態でチェックをしてください。

ワキガ症状が重い方ほど、耳の中のアポクリン汗腺も発達しています。耳垢がゆるく、ネットリ伸びてドロドロ。キャラメルのようにベタベタしていると、ワキガの可能性が高くなるということです。

⑤両親のどちらかがワキガである

ワキガは遺伝することがあります。

  • 両親のどちらかがワキガである場合は50%
  • 両親のどちらともワキガの場合は80%

この確率でワキガであると言われています。

ワキガの原因を作るアポクリン汗腺の数は、遺伝で左右されます。多くなる遺伝子は、少なくなる遺伝子よりも優性です。両親の遺伝子を受け継ぐ際に、汗腺が多くなる遺伝子が勝った結果がこの確率となります。

⑥ワキ毛が太い、もしくは濃い

毛根の近くにアポクリン汗腺や皮脂腺があるため、太さと量には密接な関係があります。ワキ毛が太いということはその根元の毛根も太く、近くにあるアポクリン汗腺・皮脂腺もよく発達している可能性があります。

また、ワキ毛が濃いということはそれだけ毛根の数が多いということです。毛根が多い分、アポクリン汗腺と皮脂腺もセットで多く存在します。

さらに細菌のエサになる分泌物がワキ毛に絡まります。そこにプラスして汗で蒸れた状態になるので、細菌にとってはごちそうがあって、ジメジメとした快適な状態。まさに天国といえるでしょう。

いかがでしたでしょうか。1つでも当てはまる場合はワキガの可能性があります。多いほどその度合いが増えます。

タイプ別改善

p250-5

では、ここでタイプ別に、いかにして脇の臭いを減らすか、ということにスポットを当てましょう。

ワキガ判定がでた方

残念ながらワキガの可能性が高いあなた。ガッカリすることはありません。きちんとケアをすれば臭いを抑えることができます。

ケア方法①食生活に気を配る

臭いの原因になるのは、アポクリン汗腺から出る汗や、皮脂腺から分泌される皮脂です。汗の成分は中性脂肪やコレステロールなどの脂肪分ですし、皮脂も同じように中性脂肪がもとなって作られます。

ついついお肉ばかり食べていませんか?かつての日本人は菜食がメインでしたが食の欧米化が進み、肉食が多くなっています。それに伴い、体臭で悩む人も増加傾向にあります。ベジタリアンからすると、肉食の方の体臭はツンッとしているそうです。

食事で摂取する脂肪分の量が多いと、血液中の中性脂肪値やコレステロールの値も高くなります。エネルギーとして使い切れなかった脂肪は、身体のあちこちに蓄積していきます。アポクリン汗腺や皮脂腺も当然その影響を受けます。

過剰に脂肪分を摂取してしまうと、アポクリン汗腺や皮脂腺からも脂肪分が余計に分泌されてしまいます。動物性脂肪中心の食生活が、臭いの元をドンドンドンドン量産しているんです。

これまでの食生活を見直してバランスの良い食事を心がけることが必要です。緑黄色野菜やナッツ類に多く含まれるビタミンEやβカロテンは抗酸化作用があります。脂肪の酸化を防いでくれるので、臭いの発生を抑制してくれます。

ケア方法②制汗剤やデオドラント剤を使用する

CMや広告で目を引くものの多くは女性向けですが、安心してください。男性用にも、スプレータイプや拭き取りタイプ、直接塗るタイプ・貼るタイプなど、さまざまな種類があります。いずれもドラッグストアやコンビニで手軽に入るものです。

特に男性は、女性よりも発汗量が多いので、悩みごとに特化した商品があるのが強みです。ニオイ対策の成分を知れば、商品を選ぶ時の参考になります。

  • クロルヒドロキシアルミニウム

この成分は汗の出口を塞ぐので、汗が出てきません。そもそもの、臭いの元になる汗を出さないことで臭いを防ぎます。

  • 塩化ベンザルコニウム

塩化ベンザルコニウムは、消毒剤などによく使われています。制汗剤やデオドラント剤においては細菌の表面のたんぱく質を変化させ、働きを鈍くしてくれます。分解するスピードが落ちるので、臭いも少なくなります。

  • 銀含有ゼオライト

いわゆる銀イオンです。殺菌作用があり、汗を分解する細菌の働きを抑えます。

  • ミョウバン

理科の実験で使った記憶がある人もいるのではないでしょうか?お料理には発色を期待して入れますよね。意外に思われる人もいるかもしれませんが、実はミョウバンには汗が出るのを防ぎ、菌の繁殖を防ぐ効果があるのです。

  • メントール

清涼感を生むのでスーッと心地よく、涼しく感じられます。臭いの元になる汗の分泌を抑えてくれます。男性用の制汗剤やデオドラント剤の多くに配合されています。爽やかな香りでスッキリしますね。

ワキガにも軽いものから重いものまで程度がありますが、軽度の臭いであれば、制汗剤やデオドラント剤をうまく活用することである程度抑えることができるでしょう。

ケア方法③病院を受診する

ワキガを自覚し、対策はしてみたもののダメだった、と諦めている方もいるかもしれません。

「恥ずかしい」「どんな治療をしているかわからない」と、なかなか病院の受診に踏み切れなかったあなた。病院に行くまでにちょっと勇気がいるかもしれませんが、ワキガ治療といっても症状の程度によっていろいろな方法があるんですよ。

軽度なものですと、脱毛処理や薬などによって臭いを抑える治療を行います。また、ボトックス注射など外科手術を伴わない治療も行なわれています。

ボトックス注射は、ボツリヌス菌から抽出されるタンパク質の一種であるボトックスを注射することで汗の分泌を抑えます。ボトックスは交感神経の活動を抑える作用があり、臭いの原因となる汗の分泌を減少させることで臭いの改善を図ります。

2~3分で終了し、効果は半年から1年ほど続くと言われています。

重症のワキガは、臭いを発生させる原因になる汗腺を壊してしまう方法を取ります。例えばアポクリン汗腺を超音波で破砕し、ノズルで吸引する方法や、アポクリン汗腺そのものを切除する方法があります。

汗腺自体がなくなってしまうので、多汗症にも悩んでいる方や何度も病院に通いたくないという方にはおすすめです。

症状が改善されると、それまで臭いのせいでどんより憂鬱だった気持ちがとても晴れやかになることと思います。自分にとってどんな解決法・治療法がベストか考えてみましょう。

単なる汗のニオイだった方

ワキガではなくても、ただの汗の臭いだったとしても、放置していると雑菌が繁殖して臭います。エチケットの問題ですが、汗を拭きとったり、制汗剤を使ったりするなど汗が臭わないように心がけると、良いオトコ度がグッと増すのではないでしょうか。

まとめ

近年、臭いの問題はかなり深刻です。

「スメルハラスメント」という言葉をご存知でしょうか?

本来は洗濯用洗剤や柔軟剤などの香りがキツく、相手の気分を悪くさせたり、頭痛を催させたりすることをスメルハラスメントと言います。

本人は良かれと思って使っている洗剤や柔軟剤の香りが、他人にとっては顔をしかめるほどの悪臭である場合があるんです。

最近では広く解釈されるようになり、体臭による臭いもスメルハラスメントの1つとされるようになってきました。

ワキガも柔軟剤と同じように自分は気づいていなくても、実は周りの人は気にしているかもしれません。対策を講じている方はまだしも、堂々と臭いを振りまいてしまっている人は周囲から密かに冷たい視線が浴びせられているかもしれませんね。

しかし、ワキガは持って生まれた体質が原因だからしょうがないと肩身の狭い思いをしている人も多いと思います。

確かにワキガの原因は遺伝であったり、多汗症だったり、自分ではどうしようもないことが原因であることもありますが、脂肪分の多い食生活を続けていることで自らワキガの原因を作っている場合もあります。

後者の場合、食生活を改善すればワキガの臭いが改善する可能性があります。病院を受診するよりもずっと手軽にできますよね。

バランスの良い食事を摂ることはワキガの問題だけでなく、あなたの身体にとって確実に良い影響をもたらします。

中性脂肪が体に蓄積すると、動脈硬化や心臓病・脳卒中・脂肪肝・糖尿病など、さまざまな病気をもたらします。複数の病気が同時進行したり、お互いがお互いに助長し合って病状を悪化させてしまったりするのです。

高い中性脂肪値は、ニオイだけでなく、身体のあちこちに影響を及ぼします。そう考えると怖いですよね。でも逆に考えると、中性脂肪値を意識して減らすだけで身体にはメリットがたくさんあるってことですよね。

まずは普段の食生活を改善して、臭いのもとになる中性脂肪値を下げてみてはいかがでしょうか?ワキガのニオイもなくなり、健康な身体も手に入れられるので良いことづくめですよ!

-基本情報, 症状

Copyright© 【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.