健康診断で中性脂肪地を見て「ヤバイ!」と思っているあなた。その中性脂肪、正しい方法をもって行動すれば確実に減らすことが可能です。生活習慣病に悩む前に、今から行動しておきませんか?

【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト

実践 試してみよう 食品

【ごぼう】中性脂肪にあばよ!今日からお世話になりたい ごぼうの真実

投稿日:2016年11月30日 更新日:

p230-1

ごぼうで健康、中性脂肪にさようならができる?

青森や秋田で『ごんぼほる』と言えば、思うようにいかない、説き伏せるのに難儀する人を形容する方言です。語源は『ごぼうを掘る』から来ているらしく、ごぼうを掘るのはなかなか大変だという様子から転じたようです。

それだけ深く、強く大地に根を下ろすごぼうには、土壌の恵みがぎっしりと詰まっています。

最近は中性脂肪対策としても注目されています。毎日続ける事で効果が実感できます。メイン食材にはならないからこそ、続けられます。

ごぼうの成分から探る効果効能

p230-2

ごぼうと言えば地味な食材の代名詞のように言われますが、見直しが必要です。縄文時代の遺跡から種子が見つかっていますが、食物というよりは薬として利用されていたようです。

薬から食材への転換期は江戸時代

食材として一般的になるのは江戸時代になってからで、まず関東一円に栽培が広がります栽培は時代とともに北上し、今では青森県が全国の1/3の生産量でトップです。次いで茨城、北海道と続きます。

ごぼうを食べる習慣があるのは日本周辺のアジアだけ

世界的にも根の部分を食材として使うのは、日本・韓国・中国、一部東アジアと狭い範囲だけで、欧米ではほとんど使われていません。

繊維質が多く含まれることは有名ですが、最近ではポリフェノールやサポニンなどの成分が中性脂肪対策に効果が高いと注目されています。

ゴボウ(根、生)100gあたりの栄養成分表

水分 81.7g
タンパク質 1.8g
脂質 0.1g
炭水化物 15.4g
ビタミンB群 B1 0.05mg
B2 0.04mg
B6 0.10mg
B12 0μg
ナイアシン 0.4mg
葉酸 68μg
パントテン 0.23mg
ビオチン 1.3μg
ビタミンC 3mg
ナトリウム 18mg
カリウム 320mg
カルシウム 46mg
マグネシウム 54mg
リン 62mg
0.7mg
亜鉛 0.8mg
0.21mg
マンガン 0.18mg
ヨウ素 2μg
セレン 1μg
クロム 1μg
モリブデン 1μg
食物繊維 水溶性 2.3g
不溶性 3.4g

ビタミン類の含有量はわずかですが、溶性食物繊維が2種類(水に溶けやすいものの、そうでないもの)どちらも豊富に含まれます。

食物繊維が豊富

水溶性(水に溶けやすい)食物繊維の代表イヌリンは脂質異常症の改善、動脈硬化の予防、高血圧の予防、血糖値抑制に効果があります。

一方不溶性(溶けない)食物繊維のセルロースは整腸作用、便秘の改善、腸内の掃除が得意です。さらに分解・吸収がスピーディーな糖質を多く含むので、エネルギー補給としても有用です。

ごぼうが中性脂肪を下げるメカニズム

p230-3

繊維質が多く含まれることは知られていますが、ポリフェノールと糖質がイイはたらきをしてくれます。

ポリフェノールに注目してください

ごぼうには、クロロゲン酸、皮の近くにはサポニンなどのフェノールが含まれています。クロロゲン酸は過酸化脂質の生成を抑える働きがあり、血液サラサラ効果が期待できます。注目したいのは皮の部分に多く含まれているサポニンです。

お掃除名人サポニン

サポニンとはシャボンつまり石鹸のような洗浄力があります。油汚れに強いので中性脂肪という油などはカンタンに洗い流してくれます。力はそれだけでありません。

血管を詰まらせて血流を妨げる血栓(=血のかたまり)ができにくい状態を保ってくれます。家に例えれば排水管のつまりを解消する、そうした汚れ掃除が得意なのです。

エグ味を乗り越えて中性脂肪を洗い流そう

しかし厄介なことに、サポニンはゴボウ独特の苦みやエグ味のもとでもあります。あく抜きするとせっかくの成分を失いことになります。出来ればあく抜きせず調理したいのですが、どうしてもという場合はごく短時間で。

イヌリン いつもは厄介な糖質が救いに

ごぼうにはイヌリンとういう水溶性の多糖類が含まれています。毛足の長い小型犬のような名前ですね。実は糖でありながら中性脂肪には有益という真逆な側面を持っているのです。

吸収できない糖質イヌリン

人間にはイヌリンを分解する酵素がりません。分解されないという事は吸収もされないという事です。吸収されずそのままは排出される運命なのです。

しかし、手ぶらで体外に出ていきたくないイヌリンは、体内で水分を含むと近くの養分を巻き込みながらゲル状になります。

糖質や脂質と一緒に体外へ

その際、糖分や脂質も巻き添えに包み込みます。あとはごぼうの繊維質が押し出してくれるという流れです。糖分ですが中性脂肪の排出を手助けするはたらきがあります。

中性脂肪を下げるタスクフォース

ポリフェノールの抗酸化作用と洗浄効果、糖質でありながら余計な老廃物を巻き込む律儀な性質、お掃除好ききれい好きな繊維質、それぞれの効果が相乗することで中性脂肪タスクフォースが組織されます。長く付き合えば、その良さに気付きます。

ごぼうの研究結果から考察

p230-4

下の表は、ごぼうの皮ごと乾燥させた茶葉から抽出したお茶を実験用のラットに与え、体重変化や血糖値を計測したものです。

出典:ごぼう茶摂取がラットの血糖値と血清及び 肝臓の脂質含量に及ぼす影響(https://www.gijodai.jp/library/file/shokubunka03/shokubunka03-01.pdf

ごぼう茶を飲めば食事の摂取量を減らせる

表5、6では投与した濃度別に体重を比較していますが、濃度が濃いほど体重推移が少ない、食べた資料の量が少ないことが分かります。

これはごぼう茶に含まれる水溶性繊維がラット体内にあって、摂取した糖質や脂質を含んで膨らみ食事量を減らしたためと考えられます。過剰摂取などを抑制し、中性脂肪や血糖値の上昇を抑えてくれます。

先にごぼう茶を飲むことで血糖値の上昇がゆるやかになる

表7,8とも上記同様に濃度別による血糖値の数位を比較していますが、表7では糖を先にお茶をそのあと投与した場合、表8ではその逆の場合を計測したものです。いずれも場合もごぼう茶を摂取すると血糖値の上昇がゆっくりです。そして濃度が濃いほど降下する時間が早まります。

ごぼうの食物繊維が効いてくる

これは水溶性繊維質とポリフェノールの一種サポニンが有意義にはたらいたためと考えられます。その効果は表8で示すようにお茶を先にした場合に大きく表れています。このことから、ごぼうに含まれる水溶性繊維質とサポニンの有益性がわかります。

ごぼうの生産量・消費量と高血圧の関係

そこで国内の事情を比較してみましょう。生産量が多い都道府県、消費量が多いランキング、そして高血圧、高脂血症の状況を照合してみます。

生産量は消費量がリンクする

もっとも生産量が多いのは青森県ですがそれ以外は関東や九州でも高いことが分かります。

日本のごぼう生産量ベスト10
順位 都道県名 生産量
1 青森県 51,400t
2 茨城県 22,900t
3 北海道 17,700t
4 宮崎県 11,000t
5 群馬県 8,150t
6 千葉県 8,110t
6 栃木県 6,660t
8 鹿児島県 6,530t
9 熊本県 3,690t
10 埼玉県 2,120t

出典:(http://nandemobest10.seesaa.net/article/421197929.html)

消費量はおおよそリンクしていて、岩手県盛岡市がトップですがそれ以外は九州・関東・東海・中国エリアが上位に入っています。

【地域別】ごぼうの年間平均消費量※2名以上の世帯ごと
順位 地域 消費量
1 盛岡市 2,999g
2 佐賀市 2,914g
3 青森市 2,843g
4 大分市 2,821g
5 広島市 2,608g
6 北九州市 2,593g
6 山形市 2,562g
8 水戸市 2,541g
9 松山市 2,430g
10 福岡市 2,416g

出典:(http://www.japan-rank.com/article/192473195.html)

全国の疾病状況との関連は?

全国の疾病状況を見比べると残念ながら東北エリアの発症率が高いのですが、反対に低いのは九州・関東・近畿~中国です。

出典:(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/dl/chiiki-gyousei_03_07.pdf)

消費量が高くても例外がある

ここで推測されるのは、消費量が多いとエリアほど高血圧などの症例が少ないという事です。では生産も消費量も多いのに青森県や東北エリアでなぜ発症が多いのか?

憶測ですが味付けの濃さ、他食材との関係、寒冷な環境などが関係するのではないでしょうか。習慣の是正が求められます。

効果が得られやすいごぼうの摂りかた

p230-5

サポニンとイヌリンと繊維質を、この3人組の効力を簡単に摂れる方法を整理してみました。共通するのは皮つきのまま、あく抜きは短時間で(出きれば無し)という事です。

ごぼう茶

普通のお茶代わりに飲む。空腹時に飲むと効果がますと言われていますが、基本の食事はとった上で飲むようにします。糖質や脂質が気になる甘いおやつ召し上がる時はぜひご一緒に。

飲みすぎ注意

飲みすぎてお腹がゆるくなる、またアレルギー作用を起こす方もいます。少量から始めて、自分にとっての適量をみつけましょう。市販のものが多く出ていますが、自分でも簡単に作れます。

毎日の習慣 味噌汁に入れる

毎日の生活に取り入れる工夫としてごぼうの味噌汁もアリでしょう。味噌の原料“大豆”にはイソフラボンが多く含まれています。「骨粗しょう症」や「動脈硬化の予防」、さらには「更年期障害の緩和」に有益です。

豆類や他の野菜も入れて栄養満点味噌汁に

同じ豆類の油揚げや彩りにニンジンなども加えればペクチンも摂れます。ごぼうは火が通りやすいので煮過ぎない事、苦みが流れでる心配があります。

皮ごと丸かじりでワイルドに

ウサギでないので(※ウサギはニンジン)そのまま丸かじりはなかなかハードルが高いですね。しかし、有益性をそのままいただきたいというワイルド志向の方もいるかも知れません。

衛生面への気配りを

皮つきのままでいくのであれば土壌菌に注意してください。よく洗い流すこと、さらに天日干しすれば回避できます。丸かじりしなくても、天日干ししたものをそのままスライスしてサラダに加えれば食感が楽しめます。お菓子替わりにお茶うけにどうでしょう。

まとめ

p230-6

ごぼう、漢字で『牛蒡』と書きます。暗い色やほっそりとしたスタイルの印象も相まって地味な野菜、おばあちゃんの野菜というイメージを払拭できません。

では『萵苣(チシャ)』『蕃茄(ばんか)』という漢字からどのような野菜を想像できますか?なんだか漢方薬に使われる、苦そうな、青臭そうなイメージですよね。実はレタスとトマトが正解です。

それではごぼうの英語表記は?『Burdock(バードック)』です。

バードックサラダ、バードックとニンジンのピリ辛炒め、バードック入り和風ポトフはお好きですか?バードックの牛肉巻きは?

う~ん、ごぼうサラダ、きんぴらごぼう、けんちん汁 のほうがしっくりきますね。イメージや思い込みにとらわれず、おいしくいただきましょう。

-実践, 試してみよう, 食品

Copyright© 【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.